読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手綱獲りの旅

いつのまにか時は流れおっさんになってしまってました。

毒親は毒を隠そうとするが、隠せない

毒親は、おそらく自分の毒について無意識的に気づいているパターンが多いです。

ただし、それは「反省し、改善すべき毒」としてではなく、

「外ではこういう態度をすると人格を疑われる」

ポイントについて本能的に知っていて、

そのうえで第三者の目がない家族の中でそういった言動を取る、

というものです。

世間体を気にする毒親という生き物は、

他人にはとてもできないようなことを

「家の中だから、相手が自分の子供だから」という理由で

容赦なく行うのです。

書いてて腹が立ってきますね(笑)

 

ここで、常に子供にそういう態度をとるかというと

私の親の場合はそうでもありませんでした。

これは私の親が「公立小中学校の教員であった」

という事情によるところが大きいと思います。

(ちなみに後日改めて記事にすると思いますが、

「親が公立の教師」は場合によっては子供にとって相当な心理的負担になりえます。

当然ですが、すべての公立教師がそうというわけではありません。

素晴らしい先生方も世の中にはたくさんいらっしゃいます)

公立小中学校の教員は非常に狭い世界で生きています。

私の出身地では同じ市内のみで転任するというシステムでしたので、

勤め始めて10年もすれば市内のほぼすべての教員を

何らかの形で知っているという状況になっていたのではと思います。

そして、教員自身の住所はその市内なのです。

つまり、下手に家庭に問題があるということになった場合、

自分の職業である教員の世界で悪いうわさになってしまうわけです。

なので、子供の口から下手なことが担任に話されることについて、

普通の親よりも特に警戒していたのではないかと考えられます。

 

我々の常として、驚きの強い出来事のほうがよく覚えているし、

あとあと思い出すことが多いという性質があります。

これは自分の親が毒親かどうかについて判断する際

とてもよいことである反面、

毒親の影響をひきずる原因でもあります。

なぜなら、毒親が日常の99%を取り繕うことができても、

残りの1%で毒を子供に与えてしまった場合、

子供は「1%だった」としてそれを忘れてしまうことがないからです。

 

 

「うちの親は大体優しいけど、時々不機嫌なことがある」

これは毒親とは言いません。

それは人としてとても自然なこと。

余裕がなくて不機嫌になることはだれにでもあります。

 

「うちの親は不機嫌なことが多い」

これはちょっと嫌ですけど、

私はこれだけで毒親とは言えないと思います。

 

私が思うに、「不機嫌の頻度」が問題なのではなくて、

「ごくたまにであっても、こちらの存在価値を脅かすような言動を取る」

これが毒親です。

不機嫌な時にどのような対応をとるかについては人によって異なりますが、

私が成長するにつれて気づいたこととして、

「機嫌が悪くこちらに対し怒っていても、こちらを脅す言動を決してとらない」

という人たちが世の中にはたくさんいるのです。

おそらく、そもそもそういう人たちは

脅すことで相手を屈服させるという選択肢が最初からないのだと思います。

 そういう人たちは「自分が何に対して怒っているのか」を

明確に伝える聡明さがあります。

 

これに対し、毒親は「俺はお前が気に入らない」ということをこちらに突き付ける際、

もっともこちらが自己嫌悪に陥る言葉をためらいなく容赦なく浴びせます。

この理不尽な怒りを解く方法は基本的にありません。

どのような反論、謝罪も彼らは受け付けないのです。

ただ子供たちは怒りが静まるのを待つのみです。

 

子供は親に愛されたいので、

ひどい目にあっても親の期限がいい時間が続くと

「あれは自分が悪かった」と自分を納得させようとします。

しかし、私のように親元を離れてしばらくして

年月のフィルターを通して残った親との思い出が

親が自分に対してとった残酷な言動ばかりという方は

少なからずいるのではないかと思います。

このように、毒親の毒は結局はあらわになってしまうものなのでしょう。