手綱獲りの旅

いつのまにか時は流れおっさんになってしまってました。

課題は「心の殻の破壊」と「合理的な自己防衛」

結構頑張っていて、そこそこ結果が出つつあるときは実は危ない。

つい、欲張って目標を高くしてしまう。

また、自分に力がついてきている自覚があるものだから、

つい、無理なお願いを引き受けてしまう。

そうすると、せっかく力がついてきて、結果も出てきているのに

結局無力感に襲われることになる。

目標を引き上げるのが早すぎるのだ。

また、つい余裕であるように勘違いすると、

気前が良くなり、自分のことの優先度を下げてしまう。

これもよくない。

余裕の有無にかかわらず、自分をまずは大切にし、最優先しなければ

本意の結果はまず得られない。

認識が甘かった。

 

で、結局自己嫌悪と自己否定になってしまうんだけど、

ちょっと待った。

目標をいきなり持ち上げすぎただけで、

出来ていることはたくさんある。

それをきちんと数えれば、自己否定なんてしなくていいことに気づく。

これは自分を守るための方法としてはなかなか筋がいいと思う。

また、余裕ができてくると「自分を大事にしない理由」「本当にやりたいことを我慢する理由」を見つけるようになる。

後でもできると甘く考えてしまう。心の殻にこもってしまう。

そうではなくて、やりたいんだからやるのだ。優先していいんだ。

自分を優先すること。これを覚えないと、結局食い物にされるだけだ。

悲しいけど、初めはそうする意識がなくてもだんだん「じゃあ・・・」ともたれかかられる。

そういう、「もたれてもいいですよ」的な態度をとるのはもうやめだ。