読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手綱獲りの旅

いつのまにか時は流れおっさんになってしまってました。

ブラックかどうかは忙しいか忙しくないかで決まるのではない

忙しいとしんどい。

かたや、忙しくても平気などころかむしろ楽しそうな人もいる。

この差はなんだ?

忙しくて平気で、しかもそれを楽しめる人は

人間としてのレベルが上だとか、

忙しくてしんどいと言っている人は甘えてるとか、

そういうことか?

 

違うと思います。

このブログのタイトルにあるように、

「手綱を握っているかどうか」がすべてだと思う。

自分でコントロールでき、主導権を握っている部分が大きければ、

ある程度忙しくても、「自分で選んだ、やる価値があると信じていることをやっている」ので、

わりあい大丈夫。

一方で、「とりあえず家族を養わなきゃいけない」

「ほかに仕事の当てがない」

「代わりの人がいない」

といった、「自分がその仕事を選んで、その価値を信じている」というのとは

異なる部分が仕事をやる理由としてドミナントになってくると、

これはかなりしんどい。

経験上、しんどいのは100%このパターンだった。

ブラックかどうかというのは、

社員のどのくらいがこういう思いをしているか、だと思うな。

もちろん、人間休まないと体壊すから、

好きで信念があればいくらでも働けるわけではないので

労働時間が長すぎないのはすごく大事。

でも、それ以上に「やりたさ」「やりがい」がほとんど生まれてこないような職場は

間違いなくブラックでしょう。

それを見つけるのは個人の問題、というのもそうだとは思うけど、

人間ひどい環境だとあっという間に追い詰められるもので、

そういう環境だと「やりがい」「やりたさ」を見つける力も鈍るってもんよ。

だから、もう無理とおもったらとりあえず逃げてしまうのがいいんだな。

あるいは、「わがままで困ったやつになってやる!」と開き直るのもあり。

いざというときはいったんリセットするというのはとても大事。

というか、ほんとに一線を越えて心を壊しちゃうとそこまで頭が回らなくなって

取り返しがつかないことになりかねない。

ちらっと「死にたいな」と思い始めるあたりがギリギリのラインだと思ったほうがいい。

それをほったらかしにするのはかなり危ない。

これは完全に憶測でしかないけど、自殺する人は「酔っ払い」とおなじで、

冷静に考え直す、なんてできなくなってしまっているんだと思う。

それは「酒を飲んでも安全運転できる」というのが不可能なのと同じで、

まったくコントロールをなくしてしまうんだろう。

だから、ひとまず逃げましょう。

それと、自分を責めたくなったら、自分の持っていない、できないことでなく、

今までできたことや持っているものを数えるようにしましょう。