手綱獲りの旅

いつのまにか時は流れおっさんになってしまってました。

口に出していったら鼻で笑われるんだろうけど

思うに、

「プロジェクト」という名前がついて、それで物事が進むというやりかたは

誰一人幸せにしないんじゃないだろうか。

プロジェクトをけん引する側も、その部品となって取り組む側も、

いつも互いにけん制しあい、表面上うまくやり、ストレスをため、

最後にどうしようもなくなったら責任の擦り付け合いをする、ということじゃないか。

「上手くいっているプロジェクトもある」のかもしれないが、

「上手くいっているように見せている」プロジェクトはたくさん見てきたが、

その実、本当にうまくいっているものは少ない。

 

プロジェクトにしないとお金が回ってこなくて、

プロジェクトにするとうまくいっているようにとりつくろわなくちゃいけなくて、

プロジェクトにするとそれに関係しないことは考えなくなる。

 

プロジェクトっていったいなんだ!?