手綱獲りの旅

いつのまにか時は流れおっさんになってしまってました。

生きていくうえで最も大切な能力

それは、「自分を肯定する力」です。

自分の子供には何よりもこれを身につけてもらいたいから、

「自分は無条件で愛される価値がある」ことをしつこくわからせるというのが育児の方針。

 

これさえあれば、きっと他人も肯定できるはず。

他人をむやみに否定する人はきっと心の底で自分を肯定できていないんだと思う。

で、それを他人を攻撃することで解消しようとするんだけど、それは無理。

 

人に自分を肯定するようお願いしたり、期待するのもまずい。

それは自分がコントロールできることではないから。

また、ずるい人は「肯定されたがっている人」をうまく利用することを知っている。

 

「自分を肯定する力」をきちんと育てれば、

他人の攻撃を無力化できるし、有益な批判を受け入れる広さがそなわる。

これがないとどんなに勝ちを積み重ねたとしても、

こころはいつまでも渇いたままだろう。

 

僕自身、これを身につけずに大人になってしまったせいで

ことあるごとにストレスを感じてしまう。

だから、自戒を込めて。

「自分を肯定する力」。

それは強さであり、自由だ。